婚活という言葉のおかげで・・・

婚活という言葉が流行る前は、公の場で結婚相手を探しているというと
ただ結婚がしたい女というようにとられるので言えなかったのですが、
婚活という言葉の流行のおかげで彼氏募集中ではなくて
結婚につながる相手を募集中というふうにアピールできるようになり、
ターゲットを絞って出会いを求められるようになったと思います。

 

私の住んでいる地域では街コンが流行っており、数十人との出合う場が
ありますが、その時に婚活中ですと自己紹介できると
同じように婚活中の男性と話がはずんだりします。

 

また、婚活中のパーティーも増え、お互いに結婚を目的とした男女が
集まるのでそのままゴールインしたカップルもいるようです。
私も合コンには限界があるし、効率が良いと思って
そういったパーティーにも何回か参加しましたが、
少しせわしなかったり、求めてはいるものの何かが違うような
イマイチやる気が出せなかったりしてうまくはいきませんでした。
出会って数分では決められなかったというのもあります。
何組かカップルが出来上がって、正直いいなとも
思いましたし、お金がもったいなかったなとも思いました。

 

結局、同僚の男性に婚活中だからいい人いたら紹介してと
言ったところ、友人の結婚適齢期の人を紹介していただき
結婚することになりました。
紹介だと身元もしっかりしているし、また同業者だったので
すぐに会話もはずみ出会って半年でプロポーズされました。
私が29歳、彼が35歳、本当にお互いいい年でベストタイミングだったのだと
思います。
こういうのが結婚に必要なタイミングというものなんだと実感しました。
私のは婚活だったのかわかりませんが、結婚したかったら
周りの人の力を借りて、どんどんアピールしていかないと
いけないんだなと思いました。
待っているだけでは幸せはつかめないという事です。

トップへ戻る