20代後半の婚活事情

三十代を目前に、何故か見えない焦りを感じ、婚活をしました。

 

一人だと、楽しめないので、友人としました。同じやり方ではないので、自分のやりたいやり方でそれぞれ同じ時期に始めて、気が合えば、同じことをしました。

 

私は、とりあえずは、自分をアピールすることから始めました。

 

相手がいないことを、恥ずかしがらずに言っていました。

 

若いと、それが必死になっている感じで恥ずかしいかもしれませんが、三十代と二十代では違うので、そこは必死でした。

 

そこで、年配の女性の女性と親しくなりました。

 

会社に来ている掃除のおばちゃんです、普段はあまり話しかけたりはしないのですが、何故かその時期だからでしょうか話しが弾み、相手がいないことを言うと紹介してくれると言ってくれました。

 

おばちゃんは、そういうお見合いのセッティングをするのが得意だったようです。

 

色々な人がおばちゃんのリストにはいるらしく、結婚相談所並に年齢、兄弟構成、家族構成、学歴、年収、職業、現在住んでいる場所など、その中から私の好きな人を選んでも良いとのことでした。

 

相手がそれだけをおばちゃんに提供しているということは、もちろん私自身もそれなりに提供しないといけないのです。

 

人生初のお見合い、やっぱり普段着ないようなものを着ていかないといけないので、本当の自分はなかなか見せられずに、何だかしっくりこないまま終わりました。

 

お互いにそう思ったのだと思います。

 

お見合いは、一回でしたがダメでした。

 

あとは、街婚です。

 

ひどいときには、一ヶ月の週末はほとんど街婚状態です。

 

基本的には、地元周辺地域の街婚ですが、
関東近郊ならどこでもいいと友人と話し
、関東近郊の街婚は結構な数行きましたが、
やはり街婚は女性の年齢層は低いので、
結婚というよりも出会いの場を重視しているようで、
特に結婚に繋がるような出会いはなかったです。

トップへ戻る